新会派名は…「あたらしいスタートアップ新宿」へ!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、会派結成届の書類の締め切りでした。
会派とは、新宿区議会内の政党のような集まりのことです。
自民党、公明党など、基本的には政党単位で会派が結成されます。
また、考えの近い無所属同士で会派を結成する場合もあります。

もちろん、会派の人数が多い方が、ポストの獲得や参加できる会議が増えるなど、活動の幅が広がります。
多数決の場では、会派で意識を統一することで、大きな力を持つことになります。

私も会派を組んだ方が望ましいと考えてはいますが、考えの違う議員同士で会派を組んでも、意見が合わず会派運営が難しくなることになりかねません。
私にはそもそも一切のお誘いはありませんが(笑)、これまで通り一人会派として活動することに決めました。

一人ではなく、区民のみなさまと議会活動に取り組みます。

会派名は、
「あたらしいスタートアップ新宿」
とさせていただきました。

地域政党「あたらしい党」、さらに私のアイデンティティを残すことも大切だと考え、旧会派名の「スタートアップ新宿」を合わせたネーミングにしました。

控え室のプレート等、省略された形で会派名が用いられる場面があります。
これまで通り五文字が、
「スタア新宿」
三文字が、
「スタ新」
とさせていただきます。

会派については本日提出いたしましたが、ゴールデンウィーク後に所属委員会等が決まります。
議会運営に関する進捗は、引き続きお伝えさせていただきます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。