委員会室や大会議室で設備の更新

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

昨晩から今朝にかけて台風は非常に大きなものでした。
新宿区内でも小さなところでは枝が折れていたり、木が倒れて通行できない場所もありました。
地域で倒れてしまった木を回収されたり、本当に大変なお仕事ですが、迅速にご対応いただいた新宿区に感謝を申し上げます。

また、インターネットで別の自治体の情報を調べると、他自治体では大きな被害にあわれた方もいらっしゃったようで、心よりお見舞い申し上げます。

本日は、新宿区情報公開・個人情報保護審議会でした。
審議会の議題については、また別の機会にブログで書きたいと考えています。
委員会室や大会議室は、議会が利用していない場合、各種審議会等の会議室として日常的に利用されています。
十数年使い続けている音響設備が古くなってしまい工事をしています。

本日はハンドマイクをまわしながら、簡易的なスピーカーで対応することになりました。
大きな会場では声を届けることが必要で、他にも録音して議事録に書き起こすためにも、機材は大切です。

他にも本会議場と大会議室にはインターネット中継の機材があります。
設備導入の費用や4部屋同時に配信をする環境や人員の整備など課題がありますが、常任委委員会についても配信は効果的だと考えていますし、委員会資料のインターネット公開が有効ではないかと考えております。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。