DXで注目のブロックチェーン。価値の流通がイノベーションと呼ばれる理由

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、DXで注目されている技術「ブロックチェーン」の特徴についてご説明させていただきます。

IPAにも情報が記載されていました。

ブロックチェーンの特性から理解する社会実装の展望 ブロックチェーンの特性とは IPA 情報処理推進機構

ブロックチェーンは、ビットコインで用いられている技術で、インターネットに次ぐイノベーションとも言われています。

ご存知の通り、インターネットは情報の送受信を行うことができるようになりました。
一方で、コンピュータを用いているためデータをコピーをしたり改竄をすることは容易です。
例えば、AさんからBさんへ送金のような価値を送る場合、適切に取引を行い、相互に記録をすることは困難でした。
そこで、銀行等で中央集権的に管理することで、取引が適切に行われたことを保証していました。

ブロックチェーンは、中央集権的な管理をすることなく、インターネットで価値を送ることができるようになりました。
そして、改ざんが難しく、トレーサビリティを備えた実装できることがブロックチェーンの特徴です。
昨今では、フィンテックと呼ばれる金融分野での応用やビットコイン等の暗号資産以外でもこのテクノロジーを用いたアプリケーションが開発されています。

テクノロジーが存在しても、それが選ばれるかは別の問題です。
効率的な場合もあると思いますが、選択肢の一つでしかありません。
ともあれ、可能性が注目され、実際に投資が行われはじめている分野なので軽視しない方が良いでしょう。

ブロックチェーンに関する新宿区政へのご提案、また民間でも業務に関するご相談などお気軽にご連絡ください。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。