次の衆議院選挙ではオンライン投票が実現できるか

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

公約に掲げられている政党もありますが、コロナを経験した今こそオンライン投票の機運を高めるタイミングだと思っています。

オンライン投票に関しては、改ざんの影響を受けやすいことから、デジタル化に不向きなテーマだと考えられてきました。
また、現場に端末を設置して行われた電子投票は、機器のトラブルが発生し、再選挙になる事例もありました。

手法は何でもかまいませんが、特にデータの信頼性が重要になります。
ブロックチェーンを活用することで、投票結果の信頼性を高めることができるのではないかと考えられています。

すでに自治体では実証実験が行われ、近い将来公職選挙でも導入される可能性がありますが、新宿区議会でも提言を行なっていきたいです。

次回の衆議院選挙までには実現している可能性もありますが、次の次くらいでは結構な可能性で実現できるのではないでしょうか。
いつかということであれば前倒しすることが重要であり、一日でも早くオンライン投票が実現することを願っております。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。