Twitterで国会議員にJPYC投げ銭が。匿名寄付にご注意を!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

JPYC社のエンジニア陣がTwitterで投げ銭ができるBotを開発されていました。
Twitterでアカウントと金額を指定してつぶやくだけで、投げ銭ができてしまいます。

TipJPYC サービスローンチのお知らせ 🎉|TipJPYC|note

TwitterでWeb3.0に理解のある国会議員に投げ銭が行われていました。
私も2019年にはインターネットで寄付を募り100万円ほどご支援をいただきました。
その時にインターネットで政治参加する機会を増やそうとビットコインでの寄付をいただくことにも挑戦しました。
JPYC自体は政治のために開発したものではありませんが、私が思い描いていた未来に近づけた気がします。

さて、ここで重要なことは政治家は政治資金規正法の対象になるということです。
匿名寄付は禁止されているため、国庫返納となります。(あるいはGOXか)

私も寄付をいただきましたが、必ず以下のフォームにご入力をお願いします。

カンパのお願い(政務活動費720万円全額返納) | 新宿区議会議員 最年少の伊藤陽平

5万円以上は、収支報告書に名前が記載されることになります。
他にも外国人献金が禁止をされています。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。