カツ名刺で日本初のNFT政治家へ

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

以前、日本で初めてビットコインで寄付を募り、また議員と兼業のエンジニアとしてJPYCを発行するなどイノベーションを推進してきました。

本日は、SUSHI TOP MARKETINGさんから強力な装備をいただきました。
通常お配りしている紙の名刺を同じ物理的なカードですが、このカードをスマホにかざすとNFTの名刺が発行されます。

以前JPYCでご寄付をいただいたこともありましたが、その方々にNFTの名刺をお送りしております。
SAKISIRUさんで以下の記事がありましたが、実現できたようです。

河野太郎氏や小泉進次郎氏が、NFTで政治資金を調達する日 – SAKISIRU(サキシル)

今後お会いする方でご希望があればNFT名刺交換をさせていただければと思います。

他にも新たなプロダクトを体験させていただきました。

素晴らしい発明で頭に雷が落ちました。
起業家がイノベーションを推進していることが伝わってきました。

現職の議員という立場を活かして、政治資金規正法や公職選挙法の範囲内でブロックチェーンによる政治イノベーションを推進します。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。