8月31日まで3回定例会の質問大募集!

9月15日から第3回定例会がはじまります。
毎回恒例となりましたが、今回もみなさまからの質問を大募集します!

質問内容は、500-1000文字程度でまとめていただけると助かります。
もちろん、ふと気がついたことを議会で話して欲しいくらいの気軽なものでもかまいません。

以下、詳細です。

・応募方法:
お問い合わせページのフォームからお名前、ご年齢、住所、質問内容を記載の上、
お問い合わせフォーム
よりお送りください。
なお、題名は「第3回定例会代表質問の件」と記載してください。

・締切:
8/31(水)まで

※新宿「区」に関する質問をお願いします。
※「子どもにツケをまわさない」「区民が主役のまちづくり」という基本理念に沿ったご意見を優先します。
※応募が多数の場合、議会での質問が難しい場合もあります。その場合、ご希望により別途行政に問い合わせをさせていただきます。

6月の第2回定例会では、韓国人学校関連の質問をさせていただきました。
舛添都知事に関する別の問題も注目をされていたこともあり、新宿区民の方から本当にたくさんのご意見をいただきました。

地域住民への説明が不十分、そして都有地活用のプロセスに問題があることが世論にも浸透し、小池都知事も白紙撤回を宣言することになりました。

この話も、まだ終わったわけではありません。
東京都は複合施設から都有地の売却まで各プランを検討し、合理的な判断を下さなければなりません。

引き続きこちらの問題に関しても取り組んでまいります。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。