雑談:セットリストはどんな世代でも通用するザ・ビートルズで決まり

本日は雑談です。
議員や会社役員の仕事をしていると、必然的に年上の方とお付き合いする機会が増えるものです。

カラオケにご一緒させていただくこともありますが大抵は私が最年少。
「この曲懐かしい!」
と周りで共感の嵐が巻き起こることがありますが、結構な確率で私が生まれる前の曲だったりするためジェネレーションギャップを感じてしまうこともあります。笑
昔の曲を聴いているのは楽しいんですけどね!

そして、反対に私の世代で流行っていた曲を選んでしまうと周囲の方はわからなくなってしまうでしょう。

そんな時は、The Beatlesの出番です。
どの世代でもCM等で一度は聴いたことがあるはずなので、有名な曲を入れておけばOKです。

話は変わりますが、12/11(日)にライブを行う予定があり準備を進めています。

実は今年の夏にも地域のお祭で演奏をする機会がありまして、ブログをお読みいただいた商店会の副会長さんからお声がけをいただきお引き受けすることになりました^^

若い頃にやってたバンドの楽曲はしょぼすぎて演奏するわけにもいかないので、認知度の高いThe Beatlesのカヴァーに決めました。

The Beatlesには4人のメンバーがいますが、全員が作詞作曲やヴォーカルを担当しています。
各メンバーが作詞作曲や歌でメインとなる代表曲を1曲ずつ、合計で4曲演奏してみたいと考えています。

ドラムのリンゴが作曲することは珍しいため瞬間的に決まりましたが、他のメンバーはたくさん有名な曲があるのでどれにするか迷いました。

今回はロックバンドではなく、数千円で買ったアコギ1本勝負ということで、実力がモロに出てしまいます。
私単独で自由度が高い分、下手なりにギターのアレンジも考えながら少し練習したいと思います。

今日も少し練習の時間をとりましたが、音楽は良い気分転換になりますね。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。