こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

2018年も引き続きテクノロジーで地域の課題を解決する「シビックテック」に挑戦します。
1月30日(火)19時から第6回データシティ勉強会@新宿を開催します。
今回のテーマは、オープンデータです。
Code for Tokyoの榎本真美さんに、オープンデータや有志により作成された保育園マップについてお話いただきます。

———————————

データシティ勉強会@新宿
日時  2018年1月30日(火)19時〜21時
会場  新宿区歌舞伎町1-4-1 新宿区役所6F 第2委員会室
ゲスト 榎本 真美さん(Code for Tokyo)
参加費 無料
持ち物 パソコン、できればネット環境も

※初心者歓迎です。
※入り口が閉まっているため、区役所本庁舎夜間通用口(建物裏側地下1階)からお入りいただくことになります。
※先着順ですが、万が一定員をオーバーした場合は新宿区民の方を優先させていただく場合があります。
お申し込み Facebookイベントページから参加表明をいただくか、問い合わせフォームからご連絡ください。

———————————

オープンデータは、議会活動でも重点的に取り組んできたテーマです。

インターネットの生みの親としても有名なティム・バーナーズ=リー氏がオープンデータの可能性について語っているTEDのプレゼンもご参考に。

新宿区でもオープンデータが実現し、保育園に関する情報も公開されるなど前進してきました。
当日は、私からも新宿区の状況についてもご説明させていただきますが、民間側が動くことで実用的なレベルまで引き上げていくことがポイントとなるでしょう。

また、座学のみならず保育園マップづくりにも着手します。
プログラミングをするわけではなく、共同作業で必要なデータを入力し、実際に保育園マップをつくります。
パソコンがあればマップづくり未経験でも挑戦することができます。
保育園マップは、保活の現場でも実際に活用されている大変素晴らしい取り組みです。
そのため、みなさまのご協力が新宿区内の子育て世帯をサポートすることにつながります。
民間で実績を出すことが、区政を動かすきっかけにもなります。

たくさんのご参加をお待ちしております!

データシティ勉強会では、オープンデータやプログラミング教育、IoT、医療介護、アイデアソンなど様々な分野に取り組んでまいりました。
シビックテックにご興味のある方は、Code for Shinjukuでぜひ一緒に活動しましょう。

それでは本日はこの辺で。

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

30歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。