いよいよ衆議院選挙の投票日です!

若者の政治離れ、低投票率が注目されていますが、
啓発活動をして少しでも投票率を上げていこうと思い
街頭で選挙の啓発チラシを配布しました。

本日は現役東大生2名とアイドルと一緒に選挙の啓発活動を実施。
2時間ほどの活動でしたが、200名くらいの方が
新宿区公式の選挙啓発チラシを受け取ってくださいました。

「明日は衆議院選挙です!」
という言葉を耳にした人は数千人ほどいたかと思います。

「明日選挙!?」
という反応もやはりありました。
まずは少しでも、多くの方に明日が投票日であることを伝えるために
明日も選挙の啓発に取り組んでいきたいと思います。

話は変わりますが、
「とりあえず選挙には行くけど誰に投票すれば良いんだろう?」
という方も多いと思います。

投票をする上では、何かしらの基準が必要です。
よくわからない人は何でも良いので自身の尺度を一つ持って
投票をすれば良いと思っています。

例えば、若さ、性別、容姿、名前を知っているからという理由で
投票をされるという方もいらっしゃると思います。
先日、イケメン候補者ランキングがバズり少々炎上していましたが、
特に尺度がみつからなければ優秀な方は顔に現れるので基準にしても良いと思います。

イケメン候補者ランキング5位の東京5区の三谷 英弘候補は、
今回の選挙で伊藤が個人的に注目をしている本当に優秀な政治家です。

消費税、TPP、原発、集団的自衛権・・・
ご自身で基準を選べば良いと思います。

私の場合は、政策の内容が社会に求められていることか、
そしてその実現可能性はどの程度か、
吟味をしながら決定をしています。

私がどの候補者に投票をするか考えるためにも、
今回は若者へのメッセージをお伺いすることで、
20年、30年先のこと、そして将来世代のことをどのように考えているかをお伺いしてきました。

政治のことがわからない
という方もいらっしゃると思いますが、
棄権をしないことが本当に一番重要なのです。

こちらの記事もどうぞ
【よくわかる公民】若者が選挙に行くことに賛成する理由

ぜひ明日は投票所へ足をお運びください!

関連記事

About The Author

伊藤 陽平

29歳最年少の新宿区議会議員。立教大学経済学部経済政策学科卒業。 妻と二人暮らし。趣味は音楽(3歳からピアノに没頭)。 大学在学中に株式会社スモールクリエイターを設立した元学生起業家。資金調達やグループ会社3社の設立を実施。NPOや一般社団法人等と連携しながら、大学生のキャリア支援や老人ホームで地域の若者とお年寄りを繋ぐ音楽イベントの企画・運営など、若者の感性を通して社会を豊かにしていくことを信条として活動中。