新宿区男女共同参画推進センター(ウィズ新宿)が、ギャンブル依存症のイベント開催

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、新宿区男女共同参画推進センター(ウィズ新宿)と矯風会さんによるパートナーシップ講座でした。
テーマは、ギャンブル依存症です。
地方議員のギャンブル依存症対策議連でもご案内させていただいたところ、なんと谷川しゅんき府議が京都から新宿へいらっしゃいました!

「ギャンブル依存症問題を考える会」の田中紀子代表、そして当事者であるGA(ギャンブラーズ・アノニマス)メンバーからお話を伺いました。
新宿区のイベントなので、本来であればブログでご報告させていただきたいところですが、プライバシーに関わる情報が多く、残念ながら詳細についてはお伝えすることができません。
GAメンバーの方が、ギャンブルの問題で命を落とされた方について、涙を流しながらお話をされていたことが印象的でした。
また、田中紀子さんのお話はいつも通りパワフルでした。
命に関わるような重いテーマですが、ところどころで笑い声が溢れるほど参加者の方も集中して聞き入り、ギャンブル依存症への理解が深まったのではないかと思います。

2015年頃までは「ギャンブル依存症」という単語自体、まったく認知されていない状況でした。
新宿区がギャンブル依存症に関するイベントを開催したという実績は、大きな一歩です。

新宿区議会でギャンブル依存症に関心があるのは、もちろん私だけではありません。
難しいテーマですが、他会派の議員も熱心にギャンブル問題について勉強されていて、議会でも取り上げられることが当たり前になってきました。
また、新宿区からもギャンブルに関する相談の件数をご報告をいただくなど、着実に理解が進んできた手応えがあります。
今こそ、具体的な政策を実現する絶好のタイミングです。
区政の現場で合意形成を取り、政策が実現できるように動きます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。