8千円でマイドローン購入!危機管理のためにも理解必須!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

政治家もテクノロジーについて理解を深めることが必要です。
今さらですが、個人用にドローンを購入しました。
手にのせられるくらいの小ささです。
そして、7,920円と安いです。

Amazon | Holy Stone ドローン 折り畳み式 ポケット セルフィードローン 生中継可能 高度維持機能 国内認証済み モード1/2自由転換可 HS160 | ラジコン・ドローン 通販

ドローンは今の形からさらに進化を遂げて、物流等に大きな影響を与えると言われています。
また、先日も安全保障に関する勉強会に出席した際に、ドローンの話題になりました。
例えば、数千円のドローンでも、火薬を積んで人に攻撃すると頭蓋骨を爆破できるとのことです。
もちろん、私の購入した格安ドローンはできることに限界はあります。
スペックが良いドローンであれば、バードストライクテロを行うこともできます。
危機管理のためにも、ドローンについて理解を深めることは大切です。

新宿区では危機管理のためにドローンを活用した実証実験を企業や工学院大学と行なっていますが、今後は行政や議会もドローンについて理解を深め、議論をすることが大切です。

ドローンの自動飛行を活用した超高層ビル街での『一般参加型』災害対応実証実験の実施 | 2017 | プレスリリース | 工学院大学 Kogakuin University

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。