残り一ヶ月!やるしかない!想いをつなぐ、新人と区境20時間始発終電キャンペーン

カンパのお願い

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日は、文京区と新宿区の区境の江戸川橋駅で、20時間の始発終電キャンペーンを実施しています。
文京区の古家としみつさんも一緒です。

新人の方へヒアリングをさせていただくと、
「活動ノウハウがないので、OJTが助かる」
とのご意見をいただくことが多くありました。

そこで、新人との活動の機会は積極的に機会を作ってきました。
私にとっても、区境の活動は手薄になるため、機会ができることをプラスに感じていました。

しかし、統一選まで一ヶ月となり、落合や戸塚など生活圏の活動に集中しなければならない時期になりました。

そのため、文京区の区境として複数回立たせていただいた江戸川橋駅で始発終電キャンペーンも、本日が最後になりそうです。

これまで、文京区は非常に厳しい戦いで、結果を残すことが難しいと分析してきました。

しかし、少しずつ活動時間を伸ばし、微かですが可能性も見えてきました。

本日も20時間活動をご一緒させていただきましたが、すべての奥義を伝授いたしました。
相当なパワーアップをしているはずです。
残された期間で、活動の質と量を激増させ、奇跡を起していただけると信じています。

私自身も大変厳しい情勢ですが、必ず二度目の奇跡を起こします。

終電キャンペーンも残りの活動時間も3時間ほどになりました。
ゴールが見えてきましたが、最後まで頑張ってまいります。

それでは本日はこの辺で、

カンパのお願い

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。