最終情勢、崖っぷちから当選も?お知り合いまで支援の輪をお広げください!

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

新宿新聞で区議選の最終情勢が記事になりました。
情勢分析は、私も得意分野です。
新宿区長選では、世論調査と独自取材により、現職のダブルスコア当選を予想していました。
しかし、区議選は数票、数十票で当落が変わり、正確な予想は難しいです。

本日の新宿新聞では、大まかな当落予想が公開されていました。
4年前の記事では、私はボーダーギリギリだと予想していただいていました。
結果的に、ボーダーギリギリで当選し、見事に的中していました。
今回の記事もかなり鋭い分析をされているようで、興味深く読ませていたただきました。

私は、前回の区議選は、下から二番目での当選でした。
数十票失えば落選する、まさに崖っぷちの順位です。
今回の当落予想では、活動量が増えたことで100〜200票程度は伸びてなんとか当選できるのでは、という予想が出ていました。

当選圏内との予想は嬉しいことですが、前回の三倍程度の活動量をこなし、始発終電キャンペーンを連発した手応えから、心のどこかで、もしかすると良い順位で当選できるのではないかと、少し期待もしていました。
しかし、今回の予想では、数字が伸び悩みボーダーギリギリになる可能性もあり、気を抜けば落選する票数です。
国政政党や組織票の壁を痛感しているところです。

私の場合、組織もなく、インターネットなどの浮動票も含まれていますので、厳しい結果になることも十分あり得ます。
街頭で支持をお訴えするなど、最後まで気を引き締めて戦います。

その上で、ブログをお読みのみなさまにお願いがあります。
新宿区にお住いのお知り合いにお声がけをいただき、多くの方にご投票いただけるようにしていただきたいと思っております。

本日も、ご支援をいただいている方が周囲の方にお声がけをしてくださり、新たな期日前投票につながりました。
街頭でも、口コミで私への投票を決めていただいた方とお会いすることがありましたが、非常に有効です。
厳しい情勢を覆すためにも、ご協力いただければ幸いです。

本日は、落合駅で始発終電キャンペーンを実施中です。
明日は、落合南長崎駅で始発終電キャンペーンを実施予定です。

活動できる期間もあと僅かですが、命を削って、最後まで諦めず、当選に近づけます。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。