都心こそ規制緩和でスーパーシティへ

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

大学院ではテクノロジーと自治体について研究をしています。
スーパーシティの実現に向けて国も動きだしています。
しかし、地方創生の文脈が強く、都心で実現しようというわけでもなさそうです。

ある方とお話しした際に、スマートシティにできないことをやるのがスーパーシティだと伺ったことあります。
スマートシティにできないことは規制のある分野です。

すでに実証実験が行われていますが、自動運転やドローンなどは都市部でこそ必要で、規制緩和が検討されるべきでしょう。
また、私の働いているブロックチェーンの分野は物理的にはわかりにくいですが、規制や税制で事業ができませんが、都心こそFintechを推進することも有効だと考えています。

スタートアップ新宿としては、スーパーシティ以上の新たな都市を目指して、議会活動に取り組んでまいります。

それでは本日はこの辺で。

新宿区テイクアウト・デリバリー | SHINJUKU EATS(新宿イーツ)

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

新宿区議会議員。無所属。1987年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科公共経営専攻に在学中。グリーンバード新宿チームリーダー。Code for Shinjuku代表。正社員エンジニア。