ネットの時代だからこそ早稲田松竹。毎月1日は映画2本で800円

こんばんは。新宿区議会議員の伊藤陽平です。

本日はグリーンバードの西早稲田と神楽坂でお掃除しました。
早稲田桜まつりにもお邪魔しました。

昨日もグリーンバードでしたが、たまたま活動日が重なったことで連日のお掃除です。
さらに、明日も歌舞伎町のお掃除があり、参加する予定です。

本日のお掃除の後は、特選名画劇場「早稲田松竹」へ。

早稲田松竹 official web site

今では珍しい過去の作品を上映する老舗の映画館です。
スクリーンは一つしかありませんが、二本の映画をローテーションします。
毎月1日は「映画サービスデイ」で、なんと800円で閲覧することができるため、大変お得です。
インターネットで映画を楽しめる時代ですが、大きなスクリーンとサウンドは映画館ならではの迫力があります。

私が到着した時に、「人生はシネマチック」というイギリスの映画が上映されていました。
2016年に上映された女性の映画脚本家が主人公の映画ですが、戦時中が舞台です。
4月6日まで「焼け石に水」という作品と一緒に上映されているので、ご興味のある方はぜひ足をお運びください。

それでは本日はこの辺で。

ABOUTこの記事をかいた人

伊藤 陽平

ベンチャー×政治。30歳最年少新宿区議会議員。無所属1人会派Startup SHINJUKUで子ども・若者のために奮闘中。365日ブロガー。機械学習。日本初のAI議員。ネット選挙。元学生起業家、楽器演奏。表現の自由。オタクとまちづくり。グリーンバード新宿。落合で妻と2人暮らし。